読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばびろびろん

そうだアウトプットしよう

ゴロゴロするのに忙しいは真である

「ゴロゴロするのに忙しい」

こんなことを誰かが言っていた気がする。

覚えていないが、クレヨンしんちゃんかもしれない。

本来ならば単なるギャグとして捉えるべきであろうが、私はこの発言がおかしいとは思わない。

 

 

真面目に捉えてみる

まず、次の一連の流れを詳しく整理してみる。

 みさえ :「ヒマなら手伝ってよ」

しんのすけ:「ゴロゴロするのに忙しいからダメ」

作中でこのような会話がなされたことがあるかはわからないが、なんとなく想像できる場面だと思う。

ここでしんのすけが取るべき行動について、両者の考えはこうだ。

 みさえ : 手伝い  > ゴロゴロ

しんのすけ: ゴロゴロ > 手伝い

(ちなみにみさえはゴロゴロすることをヒマだとしているが、とりあえずイコールだとする。)

みさえとしては、ゴロゴロするするのはいつでもできるし、それよりも自分ないし周りの物理的負担を軽減させる行動を優先するべきだと主張している。

一方、しんのすけとしては、行動をお手伝いに切り替えることによる周りへの影響よりも、現状を維持することによる休息を優先したいと主張している。

 

どういうことか

自分の行動は意識的・無意識的に関わらず、優先順位で決まる。

その判断軸は、緊急性、予定が入った順序、自分や他人への影響度、物理的・精神的コスト、充足感などであり、

行動はこれらに重み付けを行った総合評価の結果である。

 例えば、どんなに予定が入っていようが、家族が事故に遭ったとなれば、

「病院へ向かう」という緊急性や影響度などが高まり、その行動の優先順位は格段に上がる。

反対に、その他の優先順位は下がるのだ。

この仕組みは理性的な人間であるか感情的な人間であるかは関係ない。ただそれが意識的な判断であるのか無意識的な判断であるかの違いである。

 

自分と他の人の価値観

どのような判断軸が存在するのかは人によって大差ない。

人によって異なるのは個々の判断軸の重み付けである。

またそれ以上に、自分の行動対してに適応する重み付けと他人に行動に対して適応する重み付けが大きく異る

みさえだって自分がゴロゴロしているときに、何か手伝いをするというのは億劫なはずだ。

従って、みさえはこのことを理解した上で、

しんのすけの「お手伝い」という行動の優先順位を上げるような対応をとらなければならない。

ここにその人の気持ちになって考える、ということの重要性がある。

その対応例が「ガミガミ言うこと」や「グリグリ攻撃」であって、

「お手伝い」よりも「ゴロゴロし続けること」によって発生する負担を上昇させて、相対的に「お手伝い」の優先順位を上げることなのかもしれないけれども。

何にでも学びはある?

どう思う?

指示されたことに不平不満を言う人などに対して、言われるセリフである。

ムッとすると同時に、まあそうかもしれないとも思える。

しかし、本当に何にでも学びはあるのか?

その答えはYESでもありNOでもあると思う。

 

学びはある

注意深く洞察すればそれなりに学びはある。

例えば掃除なんかでも、

利用者の視点から心地いい環境を生み出すためにはどうすればいいか、それを最小限のコストで実現するにはどうすればいいか、など考えることもできる。

このように些細なことからでも学びを見つけることできるし、それは確かに大事なことだ。

しかし、冒頭の私の答えを正確に表現すると、

何にでも絶対的な学びはあるが、比較的学びの多いものも少ないものもある

である。

 

でもでも

極端な例ではあるが、

ひたすら掃除ばかりさせられる営業マンとひたすら営業の経験を積んだ営業マン、この二者のどちらほうが学びは多いか?

清掃員としての学びが多いの前者だが、営業マンとしての学びが多いのは圧倒的に後者だと思う。

掃除もできない営業マンは役に立たないという見方もあるかもしれないが、

それは営業という経験を通じて気づくべき事柄である。

掃除ができるから営業ができるのではなく、営業ができるためには掃除もできる必要がある(かもしれない)ということのはずだ。

そして、この学びを得るのはおそらく後者の方である。

 

選ばなきゃ

何にでも学びはある。

しかし、その言葉から自身が認めているように、わざわざそれをやる必要はない。

学びは何からでも得られるのだから。

(多様な経験を積むべきだというのはまた別の話)

得ることができる学びの量が相対的なものである以上、

大事なのは何を得ようとしていて、いかにそれを最大化するかだ。

行動の選択肢の中から、思考してその判断を下さなくてはならない。

言い換えれば、何にでも学びがあるという主張は、ただ優劣をつけずに、思考を停止させてるだけとも言える。

 

おまけ

ちなみに、この言葉は発言者の真意を実は表していないかもしれない。

学びなんて全くなく、押し付けるために諭しているだけなのかもしれない。

実行者が気づいていない、学びが最大化される真の選択に導いているのかもしれない。

必要性うんぬんより純粋に面白いSTEAM

成毛眞さんの本を読んだ。

AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である (SB新書)

AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である (SB新書)

 

 本書はSTEMに加えてArtとSFの重要性を説いた作品である。

その中で具体的なテクノロジーや歴史の話が混ざるのだが、これが面白い。

鈴木寛さんと堀江貴文さんとのそれぞれの対談は知的探究心を刺激してくれる。

成毛さんと堀江さんの本である、儲けたいなら科学なんじゃないの? (朝日文庫)に似たノリで対談が進められる。

 

私はSTEMについては以前から関心があったが、もっと現代アートやSFに触れるべきだと感じた。むしろ触れたくなった。

未知の体験をすることで自分の感性の幅を広げることができる。

 

とりあえず、OK Goの動画を観て、VR体験を予約した。

初ブログを書いてみた

ブログ始めました

今年の4月に社会人となったフレッシュマンが重い腰を上げ、今更ながらブログを始めました。

たぶん三日坊主になりますが、頑張ろうと思います。

ブログを書く目的をまとめておくと - 思考を整理する機会 - アウトプットの練習 - ネタ探しのための情報感度の向上

みたいな感じですが、それっぽいこと並べてみただけです。

これといった趣味はなくて困っています。 学生時代はガールウォッチングと言っていましたが、社会のコンプライアンス上では許されないようです。

特技は〇〇です!なんて言える人が不思議でたまりません。 そこまで大したことじゃないのに、なんでハードル上げてしまうのかと思ってしまいます。 (正直なところ私が趣味・特技に対してムダに高いハードルを設けているだけです。誰もそんなこと気にしていないはずです)

そんな私ですが、よろしくお願いします。